ハラヤマ産業は、福岡を中心にビルリニューアル、マンション改修・修繕、戸建て・リフォーム、アフターメンテナンスを行っております。

お問い合せ・資料請求

マンション改修・修繕工事の目安

改修・修繕工事の目安

劣化原因

  • 設計によるもの(伸縮目地がない、鉄筋の被り厚が少ない、モルタルの塗り厚が多い、塗料の選定、材料の選定等)

    施工によるもの(材料の配合、鉄筋の被り厚が少ない、ドライアウト、施工手順等)

    環境によるもの(温暖化・ゲリラ豪雨等)

    天災によるもの(地震・台風等)

    故意によるもの(破損・破壊等)

    ひび割れが進行してコンクリート内部の鉄筋を発錆させて コンクリートの剥離・剥落に及ぶもの

    ひび割れが進行してタイル・モルタル界面に水分が浸入して剥離・剥落に及ぶもの

壁のひび割れ・鉄筋爆裂

  • 壁のひび割れ症状安写真

    補修時期の目安 約5〜10年

  • ひび割れ補修の目安

    目視にてひび割れ確認出来るレベル

    ひび割れの補修

    シール工法(ひび割れ幅0.2mm未満)

    低圧樹脂注入工法(ひび割れ幅0.2mm〜1mm未満)

    Uカットシール材充填工法(ひび割れ幅1mm超)

    鉄筋爆裂補修の目安

    目視にてさびが確認出来るレベル

    鉄筋爆裂の補修

    鉄筋腐食補修工法

    中性化抑制工法

    塩害制工法

タイル・モルタルの浮き

  • タイル・モルタルの浮いた症状写真

    補修時期の目安 約5年

  • タイル・モルタルの浮き補修の目安

    打音にて異音が確認出来るレベル

    タイル・モルタルの浮きの補修

    アンカーピーニング部分エポキシ樹脂注入工法(タイル・モルタルの浮き)

    注入口付アンカーピーニング部分エポキシ樹脂注入工法(タイル・モルタルの浮き)

    アンカーピーニング全面エポキシ樹脂注入工法(タイル・モルタルの浮き)

    注入口付アンカーピーニング全面エポキシ樹脂注入工法(タイル・モルタルの浮き)

    アンカーピーニング全面ポリマーセメントスラリー注入工法(タイル・モルタルの浮き)

    注入口付アンカーピーニング全面ポリマーセメントスラリー注入工法(タイル・モルタルの浮き)

    充填工法(モルタル)

    注入口付アンカーピーニングエポキシ樹脂注入タイル固定工法(タイルの浮き)

    タイル部分張替え工法

    タイル張替え工法

鉄部のさび

  • 鉄部のさび症状写真

    補修時期の目安 約5〜10年

  • 鉄部のさび補修の目安

    目視にてさびが確認出来るレベル

    鉄部のさび補修の補修

    塗替え工法

シーリング材の劣化

  • シーリング材の劣化症状写真

    補修時期の目安 約5〜10年

  • シーリング材の劣化の目安

    目視にてひび割れ・破断が確認出来るレベル

    シーリング材の劣化の補修

    シーリング充填工法

    シーリング再充填工法

    拡幅新規充填工法

    拡幅シーリング再充填工法

    ブリッジ工法

モルタル防水の劣化

  • モルタル防水の劣化症状写真

    補修時期の目安 約10年

  • モルタル防水の劣化の目安

    目視にてひび割れ・風化、打音にて異音が確認出来るレベル

    モルタル防水の劣化の補修

    モルタル塗替え工法

    新規防水層形成(アスファルト・シート・塗膜防水)

アスファルト防水の劣化

  • アスファルト防水の劣化症状写真

    補修時期の目安 約10〜25年

  • アスファルト防水の劣化の目安

    目視にてひび割れ・膨れ、剥がれが確認出来るレベル

    アスファルト防水の劣化の補修

    劣化部切開処理の上部分増し張り

    劣化部切開処理の上全面増し張り

    既存防水層撤去の上新規防水層形成(アスファルト・シート・塗膜防水)