ハラヤマ産業は、福岡を中心にビルリニューアル、マンション改修・修繕、戸建て・リフォーム、アフターメンテナンスを行っております。

お問い合せ・資料請求

マンション改修・修繕 バリアフリー

共有部分のバリアフリー

マンションのバリアフリーへの対応は、高齢者や障害者のためだけではありません。
事故や怪我を防ぐために、住居者全員がより長く快適に暮らせるために、重要なポイントです。
また、資産価値の向上にも繋がります。

スロープの設置 階段しかない場合、車椅子等の使用が出来ませんのでスロープの設置が有効的です。
スロープの勾配を緩やかに 幅120cm以上・勾配は1/12以下(段差が16cm以下の場合1/8以下)高さ75cm以内毎に踏幅150cm以下の踊り場を設けます。
廊下や階段の手摺りの設置 既存の手摺りに併せてお年寄や子供・身障者の方の使い易い高さで新規に設置する手摺が有効的です。
高さ75cm以上からがお勧めです。
※屋内用・屋外用等色々な手摺りがあります。
エントランスや共用通路の段差の解消 スロープの設置や突起物の埋設にて対応することがお勧めです。
通路や門などの入り口の拡幅 幅120cm以上が有効で、区画は50m以内ごとに車椅子が回転可能な場所があるか 扉は車椅子使用者が通過しやすい寸法への変更をお勧めします。
滑りにくい床材の使用 防活性長尺シート貼りが最近の改修で多く用いられています。 他にノンスリップタイプのタイル材やゴムチップを用いた舗装材やウレタン樹脂製の 塗り材にて、滑りにくい材料を用いた床への改修などもあります。
グレーチングの溝を細く グレーチングの蓋のスリット幅が広い場合に、女性の履いているヒールの踵が 挟まってケガをする事例もありますので、9mm以下の細めのタイプをお勧めします。
音声ガイド・点字ブロックの設置 点字用金物 ステンレス製の点字鋲を床へ打ち込み点字通路を形成します。 段・傾斜がある部分の上端に近接する部分、車路に面する部分に必要です。
併せて音声ガイドでの案内も有効です。
車椅子対応のエレベーター 車椅子対応の場合、専用ボタンの設置とかご内に手摺と鏡の設置が必要になります。
(かごの幅70cm以上・奥行120cm以上)
トイレのスペースの拡大 車椅子に対応を考慮してスペースを広くすることをお勧めします。
出入口の幅を広げる 扉の拡張が可能であれば、解体し拡張が望ましいですが、開口部に制限がある場合 折戸やスライド式開閉扉等の多数の対応が可能です。

専有部分のバリアフリー

ちょっとした家具の移動、宅配便の重い荷物、いつもぶつける箇所など、 普段の生活にもバリアフリーを取り入れることでぐーんと住みやすくなります。

トイレ・浴室・浴槽内に手すり設置 体の姿保持や浴槽に出入りの為に、樹脂製手摺やL型の手摺を設置します。
部屋間の段差の解消 上り框や階段段差をなくして、フラットにします。
玄関の段差の解消 上り框や階段段差をなくして、フラットにします。
車椅子対応のトイレ 車椅子用のスペースや併せて介護スペースを確保できるように広く取れるようにします。
バルコニーの手摺の高さ 高さ110cm以上が必要です。
滑りにくい床材の使用 フローリング材仕上げよりもカーペット系や畳仕上げをお勧め致します。
音声ガイド・点字ブロックの設置 占有部分の場合は、点字鋲を床へ貼り付け点字道路を形成します。 段・傾斜がある部分の上端に近接する部分、車路に面する部分に必要です。
併せて音声ガイドでの案内も有効的です。